愛されるメイクの方法

アイシャドウのメイク方法

自然な深みのある目元になれる、アイシャドウのテクを書いていきます。私が使用しているのは、オーブクチュールのアイシャドウです。グラデーションがカンタンに作れるので愛用しています。

まず、上まぶたのアイホールにハイライトとなるパールの薄いベージュをのせます。付属のブラシでふんわりと馴染ませる事がコツです。この作業で、上まぶたに透明感が出てきます。

次に、中間色のブラウンをチップに取ります。上まぶたの二重幅よりややオーバー気味に塗ります。瞼に自然な陰影がついてきます。そして、下まぶたの涙袋の部分に、先程使用したブラウンを、目頭から目尻にかけて塗っていきます。細めのチップと使うと、自然な仕上がりになります。少し華やかにしたい時は、ラメ入りのパールホワイト等を涙袋にのせると豪華になります。

最後に、濃い目のブラウンを細いチップに取り、上まぶたの黒目の内側から目尻のキワにかけてやや太めに塗っていきます。下まぶたは、目尻側3分の1に細いラインで塗ります。目尻側を少し太めにすると、タレ目気味の可愛い仕上がりになります。濃い目のブラウンは、アイラインのガタつきをぼかすのにも使えます。ペンシルやリキッドの上から、シャドウでアイラインを重ねる事によって、メイク持ちも良くなるので、オススメです。

化粧水について

化粧水についての知識とおすすめの方法を書いていきます。

化粧水は、コットンでつける事をオススメします。小鼻のキワやアイゾーンのくぼみ等、手では不十分な細部にまで、化粧水がきちんと行き渡るからです。特に、顔の中心や頬、目元が手薄になりがちなのでたっぷりと染み込ませる事を意識すると、洗顔後の肌の状態が整い、乳液やクリームのノリも変わってきます。但し、化粧水を多く使えば使うほど肌が潤う訳ではないので、規定の量よりやや多めの量を無理なく使い続けられる、ある程度の値段のものを購入すると良いです。化粧水を選ぶ際は、乾燥肌の人は夏でも保湿力の高いものを選ぶ等、季節に関係なく今の肌の状態に合わせるのがベストです。

そして、コットンで肌に化粧水を叩き込むのが、パッティングです。過度な刺激を与えるマッサージ効果もあるため、肌が冷却されたり血の巡りが良くなる事も期待できます。但し、肌が敏感になっている時は行わない方が良いです。正しいパッティングの方法は、まず事前に化粧水をたっぷりめに馴染ませておきます。そして、コットンの端を持ち、うちわを仰ぐように力を入れずに叩き込みます。肌がひんやりとクールダウンすれば、終了です。くすみが解消する効果もあるので、おすすめです。

お家で簡単手作りスクラブ

スクラブを使ってのスキンケアって忙しいママさん達には中々難しいと思います。私も毎日のお風呂は大戦争!お子さんが小さいとただでさえお風呂タイムもバタバタするし、スクラブって買うと結構高かったりします…。そこでお家で簡単にスクラブを作れる方法を紹介します。まずは、普段使っている洗顔フォーム(固形石鹸や泡タイプより、チューブに入ったクリームタイプをおすすめします)、そこに塩!と言いたいところですが…塩は刺激が強い場合があるので…砂糖を用意してください。この砂糖は使いきれずに固まってしまった砂糖でも、ファストフード店でもらったけど使わなかったステックシュガーでもOKです。この二つを混ぜ混ぜして完成です!かかとを軽石でケアする時に…肘や膝の黒ずみ・ガサガサが気になった時に、脇やおしりにも大活躍です!古い角質はほうっておくと段々かたくなり…やばいと思った時には既に遅し!この方法なら気付いた時にすぐケア出来ます。かかとに使う場合は塩でも良いと思います。このケアを始めて二年が経ちますが私のお肌はイイ感じです。砂糖には保湿効果があるので、使用後はしっとりします。是非忙しいけど美意識の高いママさん達にしてもらいたいです!